美しいお口元へ ジルコニア・セラミック

美しいお口元へ ジルコニア・セラミック

審美治療とは、「美しい口元」を追求するメニューです。
当クリニックでは審美補綴(ほてつ)を審美治療としてご紹介します。
審美治療では、歯冠修復材料である「ジルコニア」「セラミック」を使用し、歯並びや歯の色・形を美しくしていきます。ただ歯を美しく見せるだけでなく、咬み合わせにも配慮した治療を行うことで、歯や歯ぐきの健康、さらに全身の健康をキープすることにつなげます。
口元が「美しく見える」ことはもちろん、「よく噛める」「よく話せる」といったお口の正しいあり方と、お顔全体とのバランスを考えて治療を行います。
※補綴(ほてつ)とは、身体の欠損した部位の形態と機能を人工物で補うことです。

ジルコニア
(インレー、クラウン)

ジルコニア(インレー、クラウン)イメージ

ジルコニアとは、とても丈夫で使い勝手のいいセラミックです。
今までの治療では、歯の被せ物には金属やセラミックが使われるのが一般的でしたが、金属では溶けだした成分が歯茎を変色させたり、一般的なセラミック素材では強度が足りずに強くかみ合わせることができないなどのデメリットが目立ちました。
そこで、近年注目されているのがジルコニアです。ジルコニアはセラミック素材の中でも群を抜いて頑丈で、白く透明感もあるので目立ちにくいという特徴がまず挙げられます。

当クリニックでは機能的な咬み合わせを重視した治療を行っています。
歯の見た目が気になる、銀歯を白い素材にしたいといったお悩みやご希望がありましたら、ぜひ一度お気軽にご相談ください。

ジルコニアのメリット

❤️ 金属やセラミック以上の強度

従来のセラミック素材では、あまり強度を保つことができないため、噛み合わせの時に一番力がかかる奥歯の被せものに使うと、かなり高確率で欠けたり割れたりしてしまいましたが、ジルコニアは頑丈な素材のため、奥歯に使用しても十分な強度を保つことができます。

Point01

❤️ 白く透明感があり、目立たない

これまで、被せ物に金属を使うと周りとの色の違いは一目瞭然でした。
この点、ジルコニアであれば白い素材なので他の歯ともよくなじみ、違和感がありません。
透明感もあるので、本物の歯により近い質感をだせることができるのも特徴の一つです。

Point02

❤️ 色が変わらない

従来のセラミックの中には、経年変化で変色したり、艶が周りにある自分の歯と違って見えることもありました。ジルコニアは非常に安定した素材なので、長期間その機能性に変化は起きません。

Point03

❤️ 幅広い治療範囲

強度がある素材のため治療に使用する範囲はかなり広くなります。
クラウンといわれている被せものやインレーといわれている詰め物、それにブリッジや土台、インプラントまで、金属の補強無しでも使えるケースがあります。

Point04

❤️ 金属アレルギーにならない

高い強度があるため、金属の補強無しで使用することが出来ます。
このため、金属アレルギーのある人でも、安心して治療を受けることが可能です。

Point05

オールセラミック
(クラウン)

オールセラミック(クラウン)イメージ

神経がなくなり脆くなった歯を補強しつつ、白くする方法です。天然歯に近い自然な色調に整えられ、透明感があります。また、歯の白さだけでなく形や歯並びを綺麗にする効果があり、変色することがありません。
歯の神経が無くなると変色し、割れやすくなってしまいますので見た目だけでなく機能面でもセラミックにすると安心。金属を一切使わないため、金属アレルギーの心配がなく、歯ぐきが黒ずんでしまうこともありません。もちろん、裏側まですべて白い歯となります。

ジルコニア・セラミック
治療の流れ

カウンセリング、治療計画

まずはカウンセリングで、お客様のお悩みやご要望をヒアリングします。
次に、咬み合わせや、現在のお口の状態を検査します。カウンセリングと検査の結果から、適切な治療方法や様々な特性を持ったセラミック素材の中から、お客様のご希望の方針を決定していきます。

Step01

仮歯の装着まで

印象(歯の型)を取り、セラミックの被せ物の土台とするため、元の歯を削ります。
以前治療した被せ物の再治療であれば、現在装着している被せ物を外します。
お客様ご自身の歯根を利用して被せ物を被せる治療ですので虫歯や破折などで十分に歯が残っていない場合には、グラスファイバーやレジンなどで作られた、「コア」と呼ばれる人工の土台を作ることもあります。
本番の被せ物が入るまでの間は、仮歯を装着して過ごします。

仮歯で過ごす時の注意点

仮歯はプラスチック樹脂でできています。
セラミックよりも強度が弱く、後で取り外せるように接着も弱めですので、お煎餅などの硬いものや、ガムなどの粘着質なものを食べるのは控えることをおすすめします。
万が一、仮歯が外れてしまった場合は、自己判断で捨てたり接着したりせず、必ずご相談ください。

Step02

インレー・クラウンの作製

審美性だけでなく、咬み合わせや、周りの歯との適合性も考慮して作製する必要があります。セラミック歯が完成するまでの期間は1週間から10日ほどです。
お急ぎの場合はお知らせくださいませ。

Step03

インレー・クラウンの装着

完成したセラミックの被せ物をセットし、色・形・咬み合わせなどの最終確認をします。
問題がなければ本装着し、治療完了となり、色・形・歯並びなどを同時に治療することができます。レジン(プラスチック)製の人工歯に比べ、耐久性のあるセラミックの被せ物ですが、メインテナンスのためにも定期的に通院することが大切です。

Step04

ジルコニア・セラミック治療費

ジルコニアインレー
(詰め物)
1本につき ¥60,000
ジルコニアクラウン
(被せ物)
1本につき ¥150,000
オールセラミッククラウン
(被せ物)
1本につき ¥140,000

※表示価格は税抜きです。

PAGE TOP